元日の銚子の賑わいイベント大紹介!【ちょうしアレコレ051】

ちょうしフラット通信編集部 / 2018.12.29

今年も残りわずか!ちょうしフラット通信では2週にわたって年末年始のイベントや初日の出情報を紹介してきましたが、今回は、銚子電鉄沿線(銚子駅・観音駅・OTS犬吠埼温泉 犬吠駅付近)の年始イベントを紹介します。

「飯沼観音」の除夜の鐘で一年を締めくくる




銚子の「かんのんさま」として親しまれている飯沼観音では、大晦日の23時半から除夜の鐘が始まります。

その後、0時以降は複数回にわたって一年の大計をかんのんさまの炎に祈る「新春大護摩供」が行われます。

さらに、無料で書き込むことが出来る大形の絵馬が用意されるので、お願い事を書き込むことも可能。

その他、豪華景品が手に入る新春じゃんけん大会や、横1.8m×縦2.7mの大型福笑いを完成させるイベントなどもありますよ!

【開催日時】
2018年12月31日(月)~2019年1月6日(日)

<除夜の鐘>
2018年12月31日(月)23:30~
※整理券配布:12月31日(月)23:00~

<新春大護摩供>
2019年1月1日 0:00、6:00、10:00、11:30、13:00、15:00
2019年1月2日~3日 10:00、11:30、13:00、15:00
2019年1月4日~6日 11:00、15:00
※毎朝6時に朝護摩が行われる(自由参加・無料)

<大絵馬>
2019年1月1日(火・祝)~

【開催場所】
飯沼観音
(銚子市馬場町1丁目1番地)


銚子セレクト市場でつきたて餅雑煮や甘酒をいただく!




銚子らしいお土産が揃う人気店「銚子セレクト市場」は元日朝7時オープン。餅つき体験(お子様限定)やつきたて餅雑煮販売、甘酒無料配布など、お正月ならではの振る舞いが行われます。

2〜3日も楽しいイベントがあるので、要チェックです!

【開催場所】
銚子セレクト市場
(千葉県銚子市双葉町3-6<旧十字屋跡>)  


初日の出で賑わう犬吠駅は朝4時半からイベント開始!




関東最東端にある銚子市は、山頂・離島を除いて日本で一番早い初日の出が見られる街です。そのため、元日はビュースポットである君ケ浜や犬吠埼周辺は大賑わい!

OTS犬吠埼温泉 犬吠駅では、朝4時半から「銚電屋台村」がオープン。もつ煮やつみれ汁、お酒などが販売されます。

さらに、初日の出を見終わった後は、「タマ伸也 初日の出ライブ」も!

ポカスカジャンVo&Agのタマ伸也さんをはじめ、光野亜希子さん(ワハハ本舗)、5つの赤い帽子さん、相馬圭二さんらのスペシャルライブが行われます。

そして、OTS犬吠埼温泉 犬吠駅発 7:16、7:44の銚子駅行き「上り列車」に乗車すると、調子が上がるご祈祷」を受けたJR銚子駅、銚子市観光協会、銚子電気鉄道の開運職員が、乗車の際にハイタッチしてくれる「上り銚子でハイタッチ!」イベントも開催されます。1年間、上り調子になること間違いなし!

7:44の発車時には、銚子電鉄代表とJR東日本 銚子駅長による「調子が上がる出発進行式」も行われます。


「犬吠テラステラス」は初日の出とともにグランドオープン!




12/15(土)からプレオープンしていた、犬吠埼地域活性化、観光振興、地域の情報発信のための施設「犬吠テラステラス」が、1月1日にグランドオープンします。

大晦日の夜10時から翌朝の日の出の時間まで、特別カフェがオープンするので、年越しや日の出までの待ち時間をカフェで過ごすのもいいかも!

元日の朝6時には展望テラスがグランドオープンするので、そこから初日の出を眺めてみては?

さらに、初日の出後の午前7時頃にはバルーンリリースも予定しています。(※荒天中止)

グランドオープン記念として、先着1,000名様にオリジナルエコバッグ、もしくは“オリジナル大根ドレッシングのプレゼント(2階の犬吠テラス テラス マーケットでお会計1,000円以上の方対象)もあるそうです。

【開催日】
2018年12月31日(月)~2019年1月1日(火・祝)

【開催場所】
犬吠テラス テラス
(千葉県銚子市犬吠埼9575-2)


ちょっと足を伸ばしてイオンモールへ




銚子電鉄沿線からは少し離れますが、銚子イオンモールでも、元日は5:30から平面駐車場が解放され、初日の出を見ることができます。

10時以降は琴やはね太鼓など、お正月らしいおもてなしも行われます。

【開催日時】
1月1日(火・祝)
10:00~11:00 琴と尺八~新春の調べ~
13:00~/15:00~ 銚子はね太鼓保存会

【開催場所】
イオンモール銚子1F 風の広場 

関連記事

Pagetop ↑

記事一覧

一覧

カテゴリー

スポット一覧

一覧

執筆者一覧

一覧

SNS