今食べたい!銚子で人気のおしゃれカフェのおすすめメニュー

銚子のおしゃれカフェといえば、必ず名前が挙がる「curocchocafe(クロッチョカフェ)」。

銚子の女性なら一度は行ったことがあると言っても過言ではない、人気のベーグル専門店です。

店長の飯森由美さんが語ってくれた、クロッチョカフェ運営の裏側や想いの記事に引き続き、今回は、由美さんがおすすめするクロッチョカフェのメニューを紹介します。

クロッチョの顔!ベーグルサンド

クロッチョカフェといえば、もちろんベーグル。
旦那さん(クロッチョカフェ現オーナー)の「カフェをやりたい」という言葉に、最初は反対していた由美さん。
しかし、仕事前にパン作りの修行に励む旦那さんを見て「オリジナルのもの、これなら他には負けないというものを作らないと」「じゃあ何をつくる?」となってたどり着いたのがベーグルでした。

クロッチョカフェの原点であるベーグルは、オーナーが1年かけて作り出した自慢のレシピで作られていて、ハムクリームチーズやローストチキンなど、中にたっぷりの具がはさまっているのが特徴です。
中でも、由美さんがおすすめするベーグルが、「小倉きなこクリームチーズベーグルサンド」です。

あんバタならぬ「あんクリ」という斬新な組み合わせ!ベーグル生地の自然な甘さと、ねっとりとした小倉あんの甘さのバランスが絶妙です。「トッピングのきな粉が美味しさのポイント」とのことなので、こぼさないようにおっきなお口でがぶっと思いっきり食べてみてください。

チーズたっぷり!ベーグルグラタン(ベーグラ)

店内で食べるなら、「ベーグラ」と呼ばれるベーグルグラタンがおすすめ!

おすすめのポイントは、チーズが100g近くのっているところです。チーズ好きにはたまらないですよね。

ベーグルを使ったグラタンなので、ソースを吸っても弾力があり、ニョッキのようにもちもちした食感が楽しめます。
付け合わせのサラダをソースとチーズに絡めて食べると、最後まで美味しくきれいに食べられますよ!

テイクアウトOK!サンドイッチ

クロッチョカフェは連日満席の人気店なので、時間帯によっては座れないことも。お急ぎの方は、テイクアウトもできる「半熟卵と荒引きウインナーのオーロラサンド」がおすすめとのこと。

「卵は半熟でとろっとろ!野菜、ウインナー、ベーグルの相性がとっても良く、とにかく美味しかったです。また買いたいです!」(By 編集部 佐野)

オーナーこだわりのオリジナルスイーツ

クロッチョカフェのスイーツは、全てオーナーの手作り。こだわりのオリジナルレシピで作られたスイーツは、コーヒーにもぴったりです。
その中でも、由美さんがおすすめしてくれたのが、チーズケーキです。

機械を使わずに手でクリームチーズを混ぜて作るのがクロッチョ流。
「クロッチョらしさやオーナーの人柄を感じてもらえると嬉しい」と由美さん。
きめ細かくて口どけがよく、甘くてまったりとしたチーズケーキは、コーヒーにもぴったりです。
苦手な人もコーヒーにチャレンジ!

東京・吉祥寺のライトアップコーヒーを使っているので、東京に行かずしてライトアップコーヒーの味を楽しむことができます。
バリスタとして確かな腕前を持っている由美さんに、美味しいコーヒーを淹れてもらいましょう。

実は、以前はコーヒーが得意ではなかったという由美さん。そんな方のために、フレーバーシロップをおすすめしてくれました。

カウンターには、数種類のフレーバーシロップがずらり。エスプレッソとミルク、お好みのシロップで、香りと甘さが増し、コーヒーが飲みやすくなります。
「苦手な方にもチャレンジしていただいて、コーヒーの美味しさを感じてもらいたい」と笑顔で話してくれました。

チャーミングな由美さんの笑顔が溢れるクロッチョカフェ。

お友達とのお食事にも、一人でのんびりコーヒーを飲みたいときにもおすすめのお店です。
おすすめメニューを注文して、あなたもクロッチョファンに!

(聞き手・佐野明子 / 文・江戸しおり)
人気店を続けるための知られざる努力を語ってくれました。
閉店の危機も!あの人気店が愛される店に成長するまでの裏側 クロッチョカフェ店長・飯森由美さんインタビュー

curoccho cafe
〒288-0041 千葉県銚子市中央町13-6
0479-23-7096
11:00~18:00(food L.O17:00/drink L.O 17:45)
水、木曜日定休

関連記事

  1. 「素人です、何もわかりません」保育所から鉄工所への転身

  2. バルーンでフォトジェニックに銚子を盛り上げる!黒柳純子さん

  3. 元日の銚子の賑わいイベント大紹介!

  4. 日本で唯一の手作りゴム風船工場は銚子にあった!未経験から風船職人になった伊藤貴明さんに会ってきました

  5. じゃらんの「GWはここへ行け!」にも掲載、連休はぜひ銚子のイルカウォッチングへ‼︎

  6. 350年以上の伝統を守るために新しい風を起こす!ヤマサ醤油・冨成浩静さんに迫る