今年も秋の味覚が!さんまの水揚げが始まりました

銚子といえば、7年連続水揚げ量日本一を誇る「銚子漁港」を有する漁業の街です。
銚子近海は、暖流と寒流がぶつかるためにさまざまな魚が集まってきたり、餌となるプランクトンが多かったり、大変恵まれた漁場となっています。
9月18日、そんな銚子漁港で、今年初めてさんまが水揚げされました。

この様子はNHKでも取り上げられました。
千葉 銚子漁港 サンマの初水揚げ|NHK NEWS WEB
18日に水揚げされたのは、北海道東部沖で捕れた約105tものサンマ。

今年のさんま漁は例年に比べて好調な出だしとなっており、大きさや脂ののりも良好とのこと。
11月の最盛期にはまだ早いですが、銚子で秋の味覚を楽しみませんか?

関連記事

  1. お祝いにいかが?銚子の伝統工芸『万祝式大漁旗』がNHKで紹介されました

  2. 大漁旗の掲揚中!銚子駅で漁業のまち銚子の雰囲気が味わえます

  3. 9/29(土)「まずい棒の日」記念イベント開催及び「まずい棒チャレンジ」開始のお知らせ

  4. JAFの「ご当地応援グランプリ」に銚子がノミネート!令和の日の出を見に行きませんか?

  5. 地球の丸く見える丘展望館で河津桜が満開!

  6. 銚子の何気ない日常が素敵!夏の終わり〜初秋の銚子の写真5選【9月の#ふらっと銚子】