こだわりはウイスキー!隠れ家的な雰囲気の「BAR OLD」及川喜治さん

今回の記事は、銚子市役所が発行する「広報ちょうし」2月号の「ちょーぴーのI♡銚子」とコラボして作成したものです。 
広報ちょうし平成31年1月号 (20.ちょーぴーのI♡銚子 第39回 銚子の夜は面白い。バーめぐり楽しんで 及川喜治さんの巻

「日常と少し違う隠れ家的な雰囲気とお客様が肩の力を抜いて気軽に足を運んでもらえるバーを目指しています」

低い静かな声でにこやかに話すのは、バー「オールド」のマスター及川喜治さん(44)。
その言葉通り、入口には店名を掲げた小さな飾り窓だけ。初めてだと通り過ぎてしまいそうなさりげない外観のバーです。
オールドでは400種類以上のお酒を取り揃え、お客様の好みに合ったカクテルやウイスキーを提供しています。
ご自身も好きだというウイスキーには特に力を入れており、8年前から取り組んでいるオリジナルラベルのウイスキーは、神栖市のバーと共同でスコットランドの蒸留所から樽ごと買い付けているそう。


▲オリジナルラベルのウイスキー。

「震災復興や地域活性化を目的に千葉と茨城の地方のバーから発信できることの一つとして考えました」 と及川さん。
ラベルは銚子在住の矢野光伸さんが描いたものです。
また、お店では季節のフレッシュフルーツのカクテルも大人気。2月はイチゴを使ったカクテルがおすすめだそうです。
広報銚子では、及川さんの経歴やバーテンダーの魅力などについてもお話ししてくれています。
広報ちょうし平成31年2月号 (20.ちょーぴーのI♡銚子 第39回 銚子の夜は面白い。バーめぐり楽しんで 及川喜治さんの巻

BAR OLD
銚子市末広町1-7
0479-25-1156
18:30〜深夜
定休日 日曜日(月曜祝日の場合:日曜営業、月曜休み)

関連記事

  1. 銚子のプラネタリウムは関東最古!朝日新聞に掲載されました。

  2. 「自分を育ててくれた銚子を盛り上げたいから日本一を目指す」黒潮よさこい祭り実行委員長・鈴木智仁さん【黒潮よさこい祭り開催直前インタビュー①】

  3. 震災を乗り越えて今がある。銚子観光の目玉「イルカウオッチング」を小さな体で支える女性に迫る〜大富奈穂子さんインタビュー〜

  4. 銚子・犬吠埼が「一度は訪れたい 日本の『端っこ』」2位に!

  5. 銚子が誇れるコンテンツを作りたい!銚子エール誕生までの道のり

  6. 目標は定年まで働くこと!銚子電鉄唯一の女性車掌の毎日|話題のまずい棒についても聞いてみた