銚子のプラネタリウムは関東最古!朝日新聞に掲載されました。

7月7日の朝日新聞に、銚子市青少年文化会館のプラネタリウムが掲載されました。

銚子のプラネタリウムの投影機は1971年製。なんと、常時公開施設では関東最古なんです。投影はすべて手動で、レバーやつまみを操作して星を動かしています。

夏休み期間は土・日曜日投影!(休館日除く)さらに、プレミアムフライデー投影もあるので、親子で楽しむもよし、友達同士やデートで楽しむもよし。
関東最東端&最古のプラネタリウムでロマンチックな時間を過ごしませんか?

【日程】
7月14、21、22、28、29日
8月4、5、12、18、19、25、26日
【時間】
各日14時~
【定員】
70人
【料金】
100円

<プレミアムフライデー投影>

【日程】
7月27日、8月31日
【時間】
各日19時~
【定員】
70人
【料金】
100円

銚子市青少年文化会館 プラネタリウム室千葉県銚子市前宿町1046
http://www.city.choshi.chiba.jp/edu/sg-guide/seibun/sb_planet.html 

関連記事

  1. 人とものとが交差する場所を目指す!『C’s marina』宮内沙織さん

  2. 日本一早い初日の出をどこで見る?銚子のおすすめ初日の出イベント紹介!

  3. 関東最古のプラネタリウム休館。最終上映日は銀河鉄道と共に星の旅へ

  4. 銚子・犬吠埼が「一度は訪れたい 日本の『端っこ』」2位に!

  5. 潮風と人情に惹かれて銚子にやってきた凄腕料理人・堀川さんが腕を振るう日本料理店「衛松」

  6. JAFの「ご当地応援グランプリ」に銚子がノミネート!令和の日の出を見に行きませんか?