銚子のお花の新名所「ふれあい広場」再生に尽力した友愛会さん

今回の記事は、銚子市役所が発行する「広報ちょうし」7月号の「ちょーぴーのI♡銚子」とコラボして作成したものです。
広報ちょうし平成30年7月号 (16.ちょーぴーのI♡銚子 第32回 ふれあい広場 花の名所に 友愛会さんの巻

例年よりも早く梅雨明けを迎え、いよいよ夏の始まりですが、そんな束の間の梅雨の時期に、地球の丸く見える丘展望館の周辺と愛宕山のふれあい広場にはきれいな紫陽花が咲いていました。

今年のふれあい広場には例年にも増して美しい紫陽花が咲き誇り、多くの人の目を楽しませていましたが、数年前までは雑草が生え放題の場所でした。
そんなふれあい広場を、紫陽花をはじめとした美しい花々が彩る場所に変えたのは、会長の伊藤さん率いる「友愛会」の皆さん。

かつてこの地に建っていた高神小学校卒業生である伊藤さんは、荒れ放題の広場に心を痛め、3年ほど前に草刈りを始めました。口コミで徐々に増えた同志は今やおよそ18人。
今年の紫陽花が例年以上の美しさを見せていたのは、根への追肥や、花の形と大きさを揃えるために昨年全ての花を剪定した友愛会の皆さんのおかげ。
最近では紫陽花目当てに訪れるファンも多いため、挿し木をしてさらに株を増やす予定もあるんだとか。
伊藤さんをはじめ友愛会の皆さんの想いや活動内容は、今月の広報ちょうしで詳しくご覧いただけます。
また、7月にはヒマワリ、ルドベキアが見頃を迎えるそうなので、ぜひふれあい広場に足を運んでみてください。

ふれあい広場銚子市天王台714
友愛会活動日月・火・木・土曜日 10時~正午

今回の記事は、銚子市役所が発行する「広報ちょうし」7月号の「ちょーぴーのI♡銚子」とコラボして作成したものです。
記事では伊藤さんをはじめ友愛会の皆さんの想いや活動内容を詳しく紹介しています。
広報ちょうし平成30年7月号 (16.ちょーぴーのI♡銚子 第32回 ふれあい広場 花の名所に 友愛会さんの巻

関連記事

  1. 震災を乗り越えて今がある。銚子観光の目玉「イルカウオッチング」を小さな体で支える女性に迫る〜大富奈穂子さんインタビュー〜

  2. キッズの面白スポットかっぱハウスの全貌と楽しすぎる新館長の正体とは

  3. 銚子のプラネタリウムは関東最古!朝日新聞に掲載されました。

  4. 閉店の危機も!あの人気店が愛される店に成長するまでの裏側 クロッチョカフェ店長・飯森由美さんインタビュー

  5. 日本一早い初日の出の街・銚子でがんばる「JR銚子駅・若手おもてなしチーム」のチャレンジ

  6. 「もう二度と銚子には来ない」から始まった銚子愛。DMO設立準備に奮闘する佐野明子さんに迫る