美味しい料理とお酒と会話を楽しむ。人気スペインバル「オライデ」

今回の記事は、銚子市役所が発行する「広報ちょうし」6月号の「ちょーぴーのI♡銚子」とコラボして作成したものです。
広報ちょうし平成30年6月号 (16.ちょーぴーのI♡銚子 第31回 一番の喜びはお客さんの笑顔 向後祐輝さんの巻)

銚子駅から徒歩10分ほどの場所にある、スペインバル Orai de(オライデ)。
平成25年10月に、銚子初のワインバーとしてオープンしたこのお店は、週末は予約で埋まってしまうほどの人気店です。

「どんなお酒を出すかが先で料理はその次。話が盛り上がれば自分も一緒に飲めるし、楽しいでしょ?」と店主の向後さん。珍しいワインや果実のビールなど、こだわりのお酒が置かれています。

また、スペインバルではありますが、フレンチやイタリアン風の料理も食べられるのが嬉しいところ。


▲ピスト

▲アヒージョ

店主の向後祐輝さん(39)は銚子出身。
高校卒業までを銚子で過ごし、東京の専門学校卒業後はベーシストとして活躍するかたわら、バーテンダーの仕事をしていたという異色の経歴の持ち主。

「ゆくゆくは、演奏を聴きながらお酒を楽しめるような店舗も展開していけたら」と話してくれました。
年内に2号店をオープンしたいと考えているそうなので、どんなお店ができるか楽しみです。
地元の方も、観光で来た方も、美味しいお酒と料理、そしておしゃべりを楽しみませんか?

今回の記事は、銚子市役所が発行する「広報ちょうし」6月号の「ちょーぴーのI♡銚子」とコラボして作成したものです。広報ちょうしでは、意外な店名の意味も明らかに!
広報ちょうし平成30年6月号 (16.ちょーぴーのI♡銚子 第31回 一番の喜びはお客さんの笑顔 向後祐輝さんの巻)

Orai de(オライデ)
〒288-0043 千葉県銚子市東芝町8–2
0479-22-1022
17:00〜24:00
日曜定休

関連記事

  1. 350年以上の伝統を守るために新しい風を起こす!ヤマサ醤油・冨成浩静さんに迫る

  2. 「新作お披露目と掛け声をお楽しみに!」黒潮美遊 副代表・天野匡基さん 【黒潮よさこい祭り開催直前インタビュー③】

  3. これを見て空想旅行へ!銚子市PR動画「日出ずる街銚子〜Here comes the sun」

  4. 醸造所をコミュニティビアパブに!ビールでコトおこしを狙う1人の女性の挑戦

  5. 「SABAピタ」に「キャベツ多めんちカツバーガー」!銚子商業高校×地元飲食店のコラボグルメが美味しそう

  6. 関東最古のプラネタリウム休館。最終上映日は銀河鉄道と共に星の旅へ