美味しい料理とお酒と会話を楽しむ。人気スペインバル「オライデ」

今回の記事は、銚子市役所が発行する「広報ちょうし」6月号の「ちょーぴーのI♡銚子」とコラボして作成したものです。
広報ちょうし平成30年6月号 (16.ちょーぴーのI♡銚子 第31回 一番の喜びはお客さんの笑顔 向後祐輝さんの巻)

銚子駅から徒歩10分ほどの場所にある、スペインバル Orai de(オライデ)。
平成25年10月に、銚子初のワインバーとしてオープンしたこのお店は、週末は予約で埋まってしまうほどの人気店です。

「どんなお酒を出すかが先で料理はその次。話が盛り上がれば自分も一緒に飲めるし、楽しいでしょ?」と店主の向後さん。珍しいワインや果実のビールなど、こだわりのお酒が置かれています。

また、スペインバルではありますが、フレンチやイタリアン風の料理も食べられるのが嬉しいところ。


▲ピスト

▲アヒージョ

店主の向後祐輝さん(39)は銚子出身。
高校卒業までを銚子で過ごし、東京の専門学校卒業後はベーシストとして活躍するかたわら、バーテンダーの仕事をしていたという異色の経歴の持ち主。

「ゆくゆくは、演奏を聴きながらお酒を楽しめるような店舗も展開していけたら」と話してくれました。
年内に2号店をオープンしたいと考えているそうなので、どんなお店ができるか楽しみです。
地元の方も、観光で来た方も、美味しいお酒と料理、そしておしゃべりを楽しみませんか?

今回の記事は、銚子市役所が発行する「広報ちょうし」6月号の「ちょーぴーのI♡銚子」とコラボして作成したものです。広報ちょうしでは、意外な店名の意味も明らかに!
広報ちょうし平成30年6月号 (16.ちょーぴーのI♡銚子 第31回 一番の喜びはお客さんの笑顔 向後祐輝さんの巻)

Orai de(オライデ)
〒288-0043 千葉県銚子市東芝町8–2
0479-22-1022
17:00〜24:00
日曜定休

関連記事

  1. 廃校を改装したスポーツ合宿施設『銚子スポーツタウン』オープンの裏側を代表取締役 小倉和俊さんに伺いました

  2. 今年も開催!銚子にUFOを呼ぼう2018

  3. “地域”がテーマの人気雑誌「TURNS」に銚子の老舗畳店が登場!

  4. じゃらんの「GWはここへ行け!」にも掲載、連休はぜひ銚子のイルカウォッチングへ‼︎

  5. 夏はやっぱり海水浴!3つの海水浴場で銚子の夏を楽しもう!

  6. しょうゆの元祖「ひしお」を伝えていきたい!銚子山十」次期店主・室井清美さん