銚子つりきんめ煮炙り丼がFish-1グランプリで優勝!

11月25日に日比谷公園(東京都)で行われた「第6回Fish-1グランプリ」で「銚子つりきんめ煮炙り丼」が優勝しました!

Fish-1グランプリは、プライドフィッシュ(地元の漁師たちが自信を持ってお勧めできる魚として選ばれたもの)の料理コンテストと、国産の水産物を使ったファストフィッシュ(手軽に料理ができ、手頃な価格帯であるなどの基準を満たした魚)の商品コンテストの2つのコンテストで構成されています。

「銚子つりきんめ煮炙り丼」は、さかなクンさんをはじめとする、魚や食のプロである審査委員による書類選考を通過し、他の5団体とグランプリの座を競いました。
そして、イベントに来場したお客さんの投票によって「銚子つりきんめ煮炙り丼」が見事グランプリに輝きました。

銚子つりきんめとは、一本釣り漁法で1尾ずつ釣り上げられ、銚子漁港に水揚げされたキンメダイのこと。一本釣りなので魚体に傷が付かない、暖流と寒流がぶつかる豊かな環境で育まれたことで一年を通して上品な脂がのっていることなども特徴です。
そしてなんと!銚子漁協直営食堂 万祝では、12月2日(日)11時から「銚子つりきんめ煮炙り丼」の販売が始まります!土日祝日のみ、1日20食限定とのこと。

新鮮なつりきんめを銚子に食べに来ませんか?

詳細はこちら→2018年12月2日(日)より「銚子つりきんめ 煮炙り丼」の販売を開始します。|銚子つりきんめOfficial webcite

銚子つりきんめとは→銚子つりきんめOfficial webcite第6回「Fish-1グランプリ」プライドフィッシュ料理コンテスト グランプリ受賞|銚子つりきんめOfficial webcite 

関連記事

  1. お土産にぴったり!2つの新しいお煎餅が銚子で誕生しました!

  2. 大漁旗の掲揚中!銚子駅で漁業のまち銚子の雰囲気が味わえます

  3. 銚子市観光協会プロデュース!銚子の新名物が誕生

  4. 350年以上の伝統を守るために新しい風を起こす!ヤマサ醤油・冨成浩静さんに迫る

  5. カッコいい海をバックにクールに飲みたい銚子ビール 佐久間快枝さんインタビュー

  6. 銚子が誇れるコンテンツを作りたい!銚子エール誕生までの道のり