大漁旗の掲揚中!銚子駅で漁業のまち銚子の雰囲気が味わえます

8年連続水揚げ高全国一位の銚子市。
活気ある漁港や、海岸に無数に並ぶ漁船など、漁業のまちらしい景色が至る所で見られます。

大漁旗もその一つでしょう。
大漁旗とは、漁に出た漁船が、大漁で帰港する際に掲げる旗のことですが、銚子ではお正月やお祭りの時にも目にすることができます。

1月16日(水)、JR銚子駅の駅員さんのおもてなしによる大漁旗の掲揚が行われました。3月31日(日)まで、 JR銚子駅広場から駅舎を見上げるとご覧になれますよ!
また、銚子駅は、駅舎内にも大漁旗をモチーフにした旗があります。

銚子駅で漁業のまち銚子の雰囲気を味わいませんか?

【開催期間】
2019年1月16日(水)~3月31日(日)
※天候や諸事情により変更いたします。

関連記事

  1. 銚子が誇れるコンテンツを作りたい!銚子エール誕生までの道のり

  2. サバ缶ブーム到来!女性セブン最新号に田原缶詰登場

  3. マンホールカードを集めに銚子へGO!

  4. 350年以上の伝統を守るために新しい風を起こす!ヤマサ醤油・冨成浩静さんに迫る

  5. お祝いにいかが?銚子の伝統工芸『万祝式大漁旗』がNHKで紹介されました

  6. 銚子電鉄「合格祈願切符」プレゼント企画!この冬の銚電ニュース