じゃらんの「GWはここへ行け!」にも掲載、連休はぜひ銚子のイルカウォッチングへ‼︎

銚子といえば、イルカウオッチングができることも観光の目玉の一つです。

親潮と黒潮がぶつかり合うことで、豊かな漁場が広がる銚子沖では、春になると黒潮の流れにのって、小笠原諸島や伊豆諸島からイルカが北上してきます。30kmの沿岸から沖合い海域でほぼ1年を通じて野生のイルカ・クジラ類を見ることができます。
出典:イルカ・クジラウオッチングの銚子海洋研究所

イルカの種類は、カマ・セミ・イシ・スジ・マイルカ・ハナゴンドウ・ハンドウ・スナメリなどで、(中略)イルカウォッチングで海に出ると、イルカだけでなくマンボウ・サメ類・キタオットセイ・飛び魚・コアホウドリ・クロアシアホウドリなどにも出会えるほか、波や空の風景などの素晴らしい景色も堪能できます。
出典:イルカ・クジラウオッチングの銚子海洋研究所

今まさにGWの予定を立てているという方は、東京から車で2時間程度でイルカを見に行ける、銚子に旅行してみませんか?

じゃらん銚子エリアの紹介でもおすすめされています!

じゃらん5月号の「GWはここへ行け!」銚子エリアにも、イルカウォッチング(銚子海洋研究所)の情報が掲載されています。

4月以降は沖合イルカウォッチング。カマイルカに出会えるそうです!

世界一ちっちゃな水族館もオープン!

さらに、4月19日(金)には銚子海洋研究所内に「世界一ちっちゃな水族館」がOPENします!

関連記事

  1. GWの銚子は親子で楽しみたいイベントが目白押し!

  2. 【参加者募集中】ありがとう外川ツアー in 銚子

  3. こどもの日は銚子でサンセットクルーズを楽しもう!

  4. 銚子のプラネタリウムは関東最古!朝日新聞に掲載されました。

  5. 「SABAピタ」に「キャベツ多めんちカツバーガー」!銚子商業高校×地元飲食店のコラボグルメが美味しそう

  6. 今年も開催!銚子にUFOを呼ぼう2018