じゃらんの「GWはここへ行け!」にも掲載、連休はぜひ銚子のイルカウォッチングへ‼︎

銚子といえば、イルカウオッチングができることも観光の目玉の一つです。

親潮と黒潮がぶつかり合うことで、豊かな漁場が広がる銚子沖では、春になると黒潮の流れにのって、小笠原諸島や伊豆諸島からイルカが北上してきます。30kmの沿岸から沖合い海域でほぼ1年を通じて野生のイルカ・クジラ類を見ることができます。
出典:イルカ・クジラウオッチングの銚子海洋研究所

イルカの種類は、カマ・セミ・イシ・スジ・マイルカ・ハナゴンドウ・ハンドウ・スナメリなどで、(中略)イルカウォッチングで海に出ると、イルカだけでなくマンボウ・サメ類・キタオットセイ・飛び魚・コアホウドリ・クロアシアホウドリなどにも出会えるほか、波や空の風景などの素晴らしい景色も堪能できます。
出典:イルカ・クジラウオッチングの銚子海洋研究所

今まさにGWの予定を立てているという方は、東京から車で2時間程度でイルカを見に行ける、銚子に旅行してみませんか?

じゃらん銚子エリアの紹介でもおすすめされています!

じゃらん5月号の「GWはここへ行け!」銚子エリアにも、イルカウォッチング(銚子海洋研究所)の情報が掲載されています。

4月以降は沖合イルカウォッチング。カマイルカに出会えるそうです!

世界一ちっちゃな水族館もオープン!

さらに、4月19日(金)には銚子海洋研究所内に「世界一ちっちゃな水族館」がOPENします!

関連記事

  1. 関東最古のプラネタリウム休館。最終上映日は銀河鉄道と共に星の旅へ

  2. 春のお楽しみ♪春キャベツとダイコンまるごとジオツアーとは?

  3. 銚子市の通常営業中の観光関連施設をご紹介します!

  4. 世界で一番美味しいジャズフェスティバル!?銚子飯沼観音で11/17開催!

  5. 夏を彩る大イベント!銚子みなとまつり花火大会が開催されます

  6. 日本初!電車内でマグロの解体ショー!?銚子ビール列車「鮪(ツナ)渡り号」が9/21(土)に運行されます