犬吠駅に希望の「カモメ」を描いてみませんか?

2月2日(日)に犬吠駅から銚子市を元気にするペイントイベント、その名も「地元に帰る日」が開催されます!

ーペイントイベントなのに「地元に帰る日」ってどういうこと?

 

このイベントは、銚子電鉄犬吠駅のホーム内の白い壁にみんなで希望の「カモメ」を描くのだとか。
『犬吠駅の壁にみんなで銚子のシンボルのひとつである「カモメ」の絵を描くことで、たとえ将来地元を離れたとしても、自分の描いた絵を見に戻ってこれる場所を作りたい!』
という主催者の想いが詰まったイベントです。

銚子港を飛び交うカモメたち

 

当日は、アフリカンペイントアーティストのSHOGENさんが一緒に絵を描いてくれるので、小さいお子様から大人まで安心してご参加いただけます!

親子で思い出に残るカモメを描きに行ってみませんか?

【開催日】
2020年2月2日(日)

【時間】
①午前の部 10:00~12:00(9:30集合)
②午後の部 13:00~15:00(12:30集合)

【場所】
銚子電鉄犬吠駅

【料金】
参加費無料

詳しくはこちらをご覧ください。
銚子電鉄Facebook 

関連記事

  1. 願いを集め、未来をテラス。「犬吠テラステラス INUBOW TERASU TERRACE」が誕生します!

  2. 銚子のお花の新名所「ふれあい広場」再生に尽力した友愛会さん

  3. 関東最古のプラネタリウム休館。最終上映日は銀河鉄道と共に星の旅へ

  4. 銚子の何気ない日常が素敵!夏の終わり〜初秋の銚子の写真5選【9月の#ふらっと銚子】

  5. あなたの写真が2020FANFUN BOOKの表紙に!?いますぐインスタに投稿を!

  6. 名もない活動ができる場所を作りたい画家・「かもめホテル」オーナーの宮内博史さん