犬吠駅に希望の「カモメ」を描いてみませんか?

2月2日(日)に犬吠駅から銚子市を元気にするペイントイベント、その名も「地元に帰る日」が開催されます!

ーペイントイベントなのに「地元に帰る日」ってどういうこと?

 

このイベントは、銚子電鉄犬吠駅のホーム内の白い壁にみんなで希望の「カモメ」を描くのだとか。
『犬吠駅の壁にみんなで銚子のシンボルのひとつである「カモメ」の絵を描くことで、たとえ将来地元を離れたとしても、自分の描いた絵を見に戻ってこれる場所を作りたい!』
という主催者の想いが詰まったイベントです。

銚子港を飛び交うカモメたち

 

当日は、アフリカンペイントアーティストのSHOGENさんが一緒に絵を描いてくれるので、小さいお子様から大人まで安心してご参加いただけます!

親子で思い出に残るカモメを描きに行ってみませんか?

【開催日】
2020年2月2日(日)

【時間】
①午前の部 10:00~12:00(9:30集合)
②午後の部 13:00~15:00(12:30集合)

【場所】
銚子電鉄犬吠駅

【料金】
参加費無料

詳しくはこちらをご覧ください。
銚子電鉄Facebook 

関連記事

  1. 今年で8年目!毎年大盛況の人気音楽イベント「Smile Link」は9月8日開催!

  2. 今年も開催!銚子にUFOを呼ぼう2018

  3. 銚子の何気ない日常が素敵!夏の終わり〜初秋の銚子の写真5選【9月の#ふらっと銚子】

  4. 「オズマガジントリップ」7月号で銚子が8ページにわたって登場!

  5. 「もう二度と銚子には来ない」から始まった銚子愛。DMO設立準備に奮闘する佐野明子さんに迫る(1)

  6. 銚子への恩返しがしたい!ミュージシャンの経歴をフル活用する大内かっぱハウス館長・相馬圭二さん