銚子沖のイルカやクジラ達を守りたい!ー海洋ゴミ問題への挑戦ー

銚子沖で、イルカ・クジラウォッチングが体験できるのはご存知でしょうか?
親潮と黒潮がぶつかり、豊かな漁場が広がる銚子沖には、出産や子育てのため多くのイルカやクジラ類が回遊しています。

ほぼ1年を通して野生のイルカ・クジラ類を「フリッパー号」でウォッチングできる(有)銚子海洋研究所では、新たなプロジェクトのためクラウドファンディングに取り組んでいます。
そのプロジェクトとは、「海洋漂流ゴミの回収」です。

『きっかけは、昨年12月のクジラウォッチング中に出会った“ツチクジラ”でした。ロープが頭から胸びれにかけて絡まっていて、泳ぎもゆっくり、ブロー(息継ぎ)の勢いも弱くつらそうに見えました。でも私達はどうすることも出来ず・・』

この出来事から何か自分たちに出来ることはないかと考え、今回のプロジェクトに至ったそうです。

「ペットボトル、プラスティックゴミ、漁網やロープ片等のゴミが海上に浮遊している状況を私たちスタッフと一緒に実際に見ていただきたい。そして回収したゴミを皆さんに知って頂くために所内に展示したい」と宮内所長。

大切な観光資源である“銚子の海”を綺麗にするため、環境を保全するという新たな事業にチャレンジしてしています。

これを機にイルカ・クジラ類が安心して生息できる環境づくりについて、考えてみてはいかがでしょうか?

銚子海洋研究所
TEL:0479-24-8870
(※新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、5/31までウォッチングやクルーズは休止となっています。)

支援をお考えの方は以下をクリックしてご確認ください。
銚子沖のイルカやクジラ達を守りたい!ー海洋ゴミ問題への挑戦ー

関連する記事
オットセイも見られるかも!ロマンチックな銚子の海を楽しむイルカウオッチング

震災を乗り越えて今がある。銚子観光の目玉「イルカウオッチング」を小さな体で支える女性に迫る〜大富奈穂子さんインタビュー〜

30歳差夫婦の絆が支えるイルカウオッチング!その魅力とは?大富奈穂子さんインタビュー

絶景サンセット”や“クルージング”でロマンチックに過ごす!銚子の大晦日〜元日イベント情報

親子で銚子の海を楽しむ!「磯の生きものから自然環境を考えよう」開催決定

じゃらんの「GWはここへ行け!」にも掲載、連休はぜひ銚子のイルカウォッチングへ‼

この夏のオススメ!『世界一ちっちゃな水族館』のお仕事体験

クルーズに出かける?海辺の施設で年を越す?銚子の年末年始イベントをご紹介!

銚子で沖合オットセイ&イルカウォッチングスタート!

関連記事

  1. こどもの日は銚子でサンセットクルーズを楽しもう!

  2. 駅からハイキング!潮風と醤油の香りを感じる銚子を歩いてみませんか?

  3. デートにおすすめ!銚子のスポット写真5選【5月の#ふらっと銚子】

  4. あの人気イベントが再び!銚子マルシェ11月25日開催決定

  5. 絶景&絶品グルメ!真夏〜夏の終わりの銚子の写真5選【8月の#ふらっと銚子】

  6. 夜の灯台に寄るのはどーだい?!8.17犬吠埼灯台夜間特別参観!!(8.16が強風のため延期になりました。)